お知らせ

2016年07月28日

【掲載情報】現代詩手帖8月号/びーぐる32号

今日から発売の現代詩手帖の8月号に拙作『デュクシ、その後』を発表しました。

《2010年代の詩人たち》という作品特集で、久々の現代詩手帖への作品掲載です。
急いで書いてろくな回答できてませんが、ちょっとアンケートも書いています。
2010年以降で現代詩界隈を賑わせた書き手が多数参加していて楽しそうな作品特集です。
論考、エッセイもいろいろあって、僕も楽しく読み始めています。


また、季刊詩誌びーぐるの最新32号に『デュクシに就いて』という詩作品を発表しています。

いずれも本名の疋田龍乃介名義です。
こちらは《詩で詩を語る》という特集。
難しい企画ですが、谷川俊太郎氏の最新詩集「詩に就いて」のパロディでやりました。


噺家になって修行明けてから初の詩を書く仕事でした。
『デュクシ!』という詩をもう6年くらい前に現代詩手帖の投稿欄に掲載していただき、それからびーぐるに続編の『デュクシーズ』というのを過去に出しています。
久々のその続編が『デュクシ、その後』で、最後が『デュクシに就いて』です。
我ながら意味不明ですが「デュクシ」という言葉で着想を得た4部作を一応完結させました。
連作で畳みかけて完成できてよかった。
あと少し加筆して、いつか次の詩集に収めたいところです。まだまだ出す予定はありませんが。


いずれもどこかで見かけたらちらっとでも見てやっていただければ幸いです!



s_chimaru1988 at 19:27|PermalinkComments(0)

2016年07月15日

落語芸術大学


大阪芸術大学、同大学院、同落語研究会(寄席の会)の先輩である旭堂南湖兄さんにお声をかけていただき、2人で「落語芸術大学」というイベントをさせていただくこととなりました。

芸大らしく、ちょっと実験的な会を目指して、初回は台本を元に講義を行ったりします。
毎回、演者側も楽しみながら新しいことができればと思っています。
内容も実験的ですが、1回目は僕が中トリ、トリを兼任するという恐ろしい番組なので、先輩の胸をお借りして、気合を入れて臨みます。
前売予約は値段もお得ですが、3日前までの予約ですと新作の台本もお渡しさせていただきます。どうぞよろしくお願い致します!

ご予約はこちらまで
cuclz708@gmail.com


【第1回 落語芸術大学】

日時/9月30日(金) 19時開講 18時半開場
場所/八聖亭 (福島区鷺洲2-9-15エイトワンビルF2 )
料金/前売1200円 当日1500円 学生1000円
*「ごあいさつ」の時間に自己紹介と一芸披露で学生料金扱い
*三日前までにご予約いただいた方には当日に実演する新作落語台本をプレゼント。6限目はそれを元に解説を行います。

番組/
1限目 南湖智丸「ごあいさつ」 
2限目 南湖「古典講談」 
3限目 智丸「古典落語」 
昼休(中入) 
4限目 南湖「新作講談」 
5限目 智丸「新作落語」
給食の時間(給食は出ません。プリント配布などの予定?)
6限目 南湖智丸「新作解説講義」

落語芸術大学1回目



s_chimaru1988 at 23:00|PermalinkComments(0)

2016年07月09日

最新出演情報7~8月

7月3日㈰「第21 ポケット落語」午後2時・スタジオポケット(阪急京都線「崇禅寺」から歩15分、東淀川区東中島5-1-7、むくのき学園正門前)/林家卯三郎「腕喰い」「親子酒」ほか一席、笑福亭智丸「開口一番」/前売1600円、当日1800円(コーヒー付)/問:スタジオポケット(保坂)090-6320-0443 終了 智丸「犬の目」卯三郎「親子酒」「宿屋仇」中入「腕食い」でした。卯三郎兄さんのプチ独演会の形式で、大変勉強になりました。


7月9日(土)「ワッシャーズ祭り」14時開演/場所:浪速区民センター/出演者・笑福亭智丸・福神よし鬼・桂ちきん・笑福亭智六・日本夢之助・桂寅之輔/木戸銭¥1500予約washer.yoyaku@gmail.com

7月11日(月)「ネオ落語セントラル」20時開場/会場・錦湯(阪急烏丸駅から徒歩約5分)/料金・投げ銭

7月13日(水)「京都信用金庫コミュニティ寄席」13時30分開演/会場・京都信用金庫本店3階/出演・笑福亭仁智、笑福亭仁嬌、笑福亭智之介、笑福亭智丸

7月15日(金)「林間つれもて寄席」18時半開場19時開演

林間田園都市駅から徒歩10分 会場・蓮香寺  詳細未定

7月16日(土)都島「四季彩々寄席」智之介、智丸

7月19日(火)姫路「The 噺 at You」19時開演/会場・花そば・料理ゆう(姫路市西二階町36)木戸銭1000円(別途お食事代)出演・桂恩狸、笑福亭智丸
姫路の西二階町のお蕎麦屋さんで新しい勉強会に参加させていただきます。


7月23日㈯「雀五郎体力強化の会 その81」午後7時・雀のおやど(JR「鶴橋」中央改札から歩2分、各線「鶴橋」)/笑福亭智丸「手水廻し」、桂雀五郎「お楽しみ」、林家市楼「猫魔寺」、雀五郎「抜け雀」/1500円(当日のみ)/問:雀のおやど

06-6764-7372

7月24日()「葬儀会館 ティア枚方 4周年記念“葬儀社ですけど落語会”」開演13時半・場所…ティア枚方/出演 露の瑞「道具屋」笑福亭智丸「手水廻し」/木戸銭 無料(※但し、予約制)/ご予約・お問い合わせ…ティア枚方(072-805-6900)


8月の出演情報です

8月7日.㈰「町家寄席」午後2時〜3時・大阪くらしの今昔館9階薬屋座敷(地下鉄・阪急「天神橋筋六丁目」3番出口から連絡)/桂出丸「景清」、笑福亭智丸「時うどん」/入館料一般600円、高・大生300円、中学生以下・障がい者手帳持参者・市内在住65 歳以上は無料(証明書要提示)/問:大阪市立住まいのミュージアム「大阪くらしの今昔館」06-6242-1170


8月10日(水) 「ビリートップvol.1」19時開場 19時半開演/ 会場・大阪日本橋 / 料金・前売1800円(1Drink込)当日2000円/出演・月亭太遊 桂三実 桂文五郎 笑福亭智丸 月亭遊真/ 落語とトークと大喜利
太遊兄さんに声をかけていただき、珍しい組み合わせの5人で会を始めることになりました。新鮮な雰囲気になればいいなと思います。

8月12日㈮「第290 西明石浪漫笑〜夏の怪談特集」午後7時・明石市・ハナゾノ(JR「西明石」から東へ5分)/桂梅団治「もう半分」、笑福亭純瓶「こわぁ〜い話」、林家市楼「猫魔寺」、笑福亭智丸/電話予約1200円、食事付3000円/問:ハナゾノ 078-928-2719


8月14日
㈰「第26回生寿の部屋」午後2時・奈良市・奈良町落語館(近鉄「奈良」から歩12分、JR「奈良」から歩15分、奈良市中新屋町26、鶉屋倶楽部2階)/笑福亭生寿「花筏」「みかん屋」、本日のお客様・笑福亭呂好、笑福亭智丸「開口一番」 対談「落語の部屋」あり/前売1200円、当日1500円/予約・問:奈良町落語館 0742-22-7227、生寿事務局 06-7896-8254


8月
20日㈯「第3回 阪急清荒神駅前落語会」13時開演/会場・清荒神市場内特設会場/当日1000円 前売500円/出演 智丸2席/定員20名

8/20.
㈯「恩狸・三実の新作落語会〜ふたりでできるもん!at 動楽亭 vol.4午後6時・動楽亭(地下鉄「動物園前」1番出口すぐ)/桂恩狸「源氏物語・帚木」「妖怪同窓会」、桂三実「もしも」、ゲスト・桂三度、笑福亭智丸/前売800円、当日1000円、予約初回来場者に手ぬぐいプレゼント/予約・問:090-1237-6211、メール katsura_onri1005@yahoo.co.jp


8
24日(水)「笑福亭智丸の伝新有楽vol.219時開演/会場・伝楽亭【大阪市旭区今市1-4-34】最寄駅【谷町線・千林大宮駅/京阪・千林駅】/木戸銭【1500円(1ドリンク付)/学生1200円(1ドリンク付)】/お問合せ・cuclz708@gmail.com(事務局)/出演・智丸、秀都

私の勉強会、第2回目です。お越しいただけるお客様はご連絡いただければ幸いです。

8
26日㈮「第82回西成寄席」1815分開演/会場・西成区民センター2階会議室(大阪市西成区岸里1150)/詳細未定


8
27日㈯「さやかミニ落語会~阿か枝のほのぼの落語会」14:00開演/場所:大阪狭山市・SAYAKAホール 大会議室(南海「大阪狭山市」から歩3分)/料金:1000円(自由席)/チケット:ぴあ Tel.0570-02-9999Pコード449-2726回セット券(Pコード786-628)/お問い合わせ:SAYAKAホール Tel.072-365-8700


8月29日㈪「三ノ宮駅前寄席すみれ亭vol.22」19時開演/場所・サウンドトア(三ノ宮駅最寄)/木戸銭・1000円/出演・智之介、喬介、智六、八斗、智丸




s_chimaru1988 at 21:42|PermalinkComments(0)

2016年06月29日

笑福亭智丸プロフィール

葉ねでころころ


笑福亭 智丸(しょうふくてい ちまる)
本名:疋田龍乃介(ひきた りゅうのすけ)
生年月日:昭和63年11月17日


【経歴】
2007年、関西大倉高校卒。
2007年、大阪芸術大学入学。 芸術学部文芸学科。
落語研究寄席の会(落研)に入部。第37代会長を務める。
2012年、詩集「歯車VS丙午」上梓
同年の中原中也賞候補、萩原朔太郎とをるもう賞候補に。
2011年、同大学の大学院へ進学。修士課程(芸術文化学)修了。
2013年4月1日  笑福亭仁智に入門。3番弟子となる。
2013年6月8日 富山県高岡市にて「動物園」と南京玉簾で初舞台。
2016年3月31日 丸3年の修行を終え年季明け。


【文学】
2006年、北日本文学賞の四次選考まで残る。(筆名)
2008年、大阪ショートショート大賞に入賞。(筆名)
2010年頃~2012年度まで現代詩手帖に投稿。ちょくちょく掲載される。
2012年度、第50回現代詩手帖賞の最終選考でいいとこまで残って落ちる。
2012年11月、それまでの投稿作品を中心にまとめた第一詩集「歯車VS丙午」を思潮社より刊行。
同年の中原中也賞、萩原朔太郎とをるもう賞と、相次いで最終候補となるが、いずれもやはり落ちる。

現代文学や現代詩の着想、技法を活かした新作落語にも挑戦中です。
落語界の文芸派を目指して精進中です。
幅広くご依頼を承っております。お気軽にお声をかけてくださいませ。




そのほかツイッター、フェイスブックも始めました。
近い時期の出演情報については一番上に記事を書いています。よろしくお願い致します。




s_chimaru1988 at 00:00|PermalinkComments(0)

2016年06月12日

ブログはじめました

葉ねでころころ
笑福亭 智丸(ちまる)です。

3月に丸3年間の修行を終え、年季明けを期にブログを始めました。

基本は仕事の告知を行いますが
趣味の文学について読んだ本の思い出とか
ちょっとでも備忘録的に記せたらなと思います。


修行中、正直、頭の中の関心の85%は当然、本業の落語、下座、修行生活のことで占められてましたが、ぎりぎり15%くらい他のことを考えることもあり、内訳は歌舞伎文楽その他の芸能についてが5%、阪神のことが5%、文学のことが5%という感じ。

5%とはいえ、足が自然にジュンク堂へ向いてしまったり、文学賞の選評とかついつい気になってしまったり、たまに現代詩手帖の投稿欄立ち読みしたり、くらいは最近でもしてしまうのです。

面倒くさがりなのであまり更新できませんが、同じ趣味から落語家、笑福亭智丸にも興味持ってくださる方が出てきますように、と淡い期待をもって始めてみました。

ひとり幽霊文芸部員として、たまに中身のない読書感想とか書ければなと思います。


写真は先日開催していただきました葉ね文庫さんでの「葉ねでころころ智丸の会」の写真です。
おかげさまでお客様も定員の25名が満員となり盛況でした。
本に囲まれて落語をさせていただき楽しいく幸せな時間でございました。





s_chimaru1988 at 00:00|PermalinkComments(0)